いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

箕面の滝の紅葉!2016年の見頃とライトアップの時間は?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク


更新:2016-12-04

箕面の紅葉

大阪府箕面市には紅葉の名所がいっぱい!

特に、有名なのが大阪箕面公園の箕面の滝です。この箕面の滝、高さが33mもある大滝で、滝としても見ごたえ十分なのですが、秋になると赤や黄色の紅葉に彩られ、迫力満点の滝と美しい紅葉のコントラストを楽しむことができます。

ということで、 今回は箕面の滝の紅葉の見頃や楽しみ方、さらには箕面市のライトアップの名所まで、一挙まとめてご紹介します。

 

箕面の滝の紅葉、見頃は?

箕面の滝のある大阪箕面公園では、イロハモミジなどの紅葉を楽しむことができます。

大阪箕面公園はとても広いので(面積: 9.63 km²)、公園内でも場所によって紅葉のタイミングにずれがありますが、大体11月中旬から色づき始め、一番の見頃は11月中旬~11月下旬に迎えます。その後、12月上旬までは紅葉を見ることができます。

山一面が紅葉に覆われます。

 

箕面の滝の見どころは?

箕面の滝は、滝の姿が農具の「箕」に似ていることからその名がつけられたそうです。

その由来通り、箕面の滝は33mの高さを一気に流れ落ちるため、見ていてとても迫力のある滝です。だって、日本の滝百選ですからね。

そんな滝と紅葉の赤は相性が抜群!

これぞ「日本の秋」という光景 を見ることができますよ。

さらに、大阪箕面公園の入り口から箕面の滝に至るまでの道「滝道」にも紅葉スポットがいっぱい!

夫婦橋や瀧安寺周辺、楓橋、地獄谷など、滝道には紅葉スポットが散在しています。

滝道の長さは約2.4km、公園の入り口から箕面の滝までは歩いて約50分かかる道程となかなかの距離ではありますが、ハイキング気分で道中の紅葉を楽しみながら箕面の滝を目指すのがおすすめです。

箕面の滝案内 レストラン&カフェ

50分歩いた先にあるのは、紅葉狩りのハイライト!疲れも吹き飛ぶ光景です。


スポンサードリンク

 

その他、箕面の滝のおすすめポイント

箕面の滝のある大阪箕面公園のおすすめポイントはこちら

  • 大阪市内から約30分の良アクセス!

ただし、大阪箕面公園には駐車場がないので、公共交通機関を利用してください。阪急箕面線箕面駅から大阪箕面公園の入り口までは約400mです。

  • 名物のもみじ天ぷら。ぜひご賞味あれ

もみじ天ぷらのお店はたくさんあります。もじみの天ぷらというネーミングでイメージがわきにくいかもしれまえんね。味はかりんとうのような感じです。そしてお菓子です。お土産としてもおすすめでよ。

  • 箕面のサル。大阪箕面公園のサルは野生ですよ。

箕面といえば猿!だったんですが^^;

箕面の猿

平成22年4月に猿に餌をあげると罰金1万円という「 エサやり禁止条例 」が施行されました。

観光客が猿を見て餌をあげることで、出産のペースが増えて、昭和31年100頭だった猿が平成21年には約670頭まで増えました。可愛らしいですからね。

また、観光客の食べ物を奪ったり、店の屋根に登ったりと被害が増えて一時は問題視されていました。アレアレ・・・・・・猿はかしこい動物ですからね。

ところで、以前と比べて猿を見る機会が減っているようです。でも、現在も約500頭の猿がいるようです。

面白い雑学情報
猿は4つのグループに分かれているようです。A集団が190頭、B集団が110頭、C集団が130頭、E集団が90頭だそうです。

※ 秋の話題ネタ!雑学・豆知識てんこ盛りDaYo(^^)v

  • もみじまつり。毎年11月初めから11月30日の日程で開催されます。

2016年の日程や詳細についてはまだ発表されていません。また、紅葉狩りの楽しみの一つといえば夜のライトアップですが、残念ながら箕面の滝では夜間のライトアップは行われていません。


スポンサードリンク

 

箕面市のおすすめライトアップスポット

箕面の滝では紅葉のライトアップは行われていませんが、箕面市には他におすすめのライトアップスポットがあります。

それは、箕面駅からバスで約30分(タクシーで約15分)の場所にある 勝尾寺!

山の中にあるお寺です。

昼間の紅葉スポットとしても人気で、特に本堂へ向かう参道はさながら 紅葉のトンネルのように美しいと評判 です。

さらに夜!勝尾寺では夜間のライトアップが行われ、闇の中で美しく ライトアップされた紅葉 を楽しむことができます。

紅葉のライトアップを見たい方は、ぜひ勝尾寺へ!

勝尾寺のライトアップは、紅葉の見頃に合わせて毎年11月初旬から11月30日までの土日祝日に行われます。

2016年の日程についてはまだ発表されていませんが、一番の見頃を迎える11月中旬の土日に行けば確実にライトアップを見ることができます。

ライトアップの時間は日没~19:30(閉門時間)までです。

 

管理人(ザッ君)より

ザッ君

以上が、箕面の滝の紅葉の見頃や楽しみ方、勝尾寺のライトアップについてでした。

箕面の滝に紅葉狩りに行くときのポイントはこちら。

  • 11月中旬~11月下旬が一番の見頃。この頃に行くのがおすすめ。
  • 公共交通機関を利用すること。
  • 公園の入り口から箕面の滝までは片道約50分。歩きやすい服装・靴で出かけること。

公園に到着後、すぐに箕面の滝にたどり着くわけではありません。時間に余裕をもって出かけるようにしましょう。

ハイキングコースに途中に茶店や売店もあるので、それも楽しみの1つです。

昼間箕面の滝で紅葉を楽しんだ後は、勝尾寺のライトアップに足を伸ばしてみてください。

昼と夜、二つの紅葉を楽しむことができますよ。


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ