お風呂の床の黒ずみ!サンポールやクエン酸の掃除効果は?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

お風呂の床の黒ずみ

浴槽も床も、それに壁だって毎日掃除しているのに、なぜかちょっとずつ汚れがたまっていくお風呂の浴室。

洗剤をつけたスポンジでこする日常的なお風呂掃除の他に、定期的な大掃除が必須ですよね。

カビキラー 重曹 に、さらに タワシ に、と我が家のお風呂の浴室にも大掃除用のアイテムが一通りそろっています。

が、これだけアイテムを揃えても落としきれないのがお風呂の汚れです。

  • お風呂の浴室掃除の難敵中の難敵、それは 床の黒ずみ! です。

このお風呂の黒ずみ、洗剤をふりかけても、タワシでこすっても、全く落ちません。そんなお悩みをお持ちではないですか?

ということで、今回はお風呂の黒ずみ汚れの掃除方法の中で、クエン酸やサンポールが良さそうなのでご紹介します。

やっぱりキレイなお風呂は1日の疲れを取ってくれますからね。

 

お風呂の床の黒ずみ汚れ、正体は?

まずはお風呂の床の黒ずみの正体、敵を知ることから始めましょう。

お風呂の床の黒ずみ汚れは、以下の汚れの複合体です。

お風呂の汚れ

  • 水垢
  • 皮脂汚れ
  • 黒カビ
  • 金属石鹸

上記の黒ずみ汚れの原因のうち、黒ずみ汚れを頑固な汚れにしているのは「 金属石鹸 」です。

ん!? 水垢や皮脂汚れ、黒カビはわかりますが、「金属石鹸」とはなんぞや?

 

金属石鹸とは?

金属石鹸、聞き慣れない名前ですよね。

金属石鹸とは、石鹸と水に含まれるミネラル(カルシウムやマグネシウム)が結合したものです。

石鹸なので、金属石鹸は アルカリ性。

一方、掃除でよく使われる 重曹 キッチンハイター アルカリ性。

アルカリ性同士のため、重曹やキッチンハイターなどの洗剤を使用しても、金属石鹸が含まれる黒ずみ汚れは落とすことができないのです。

  • 黒ずみ汚れを落とすためには酸性が必要です。

ちなみに、湯垢は酸性なので、湯垢だけなら重曹などで落とすことができます。


スポンサードリンク

 

お風呂の床の黒ずみ汚れをクエン酸で落とす!

お風呂の床の黒ずみ汚れを落とすには「酸性」がポイント!

酸性の掃除アイテムといえば「 クエン酸 」です。

ということでクエン酸を使って黒ずみ汚れを落とす方法をご紹介します。

クエン酸

用意するものは、

  • クエン酸
  • スプレー容器
  • ティッシュ
  • ラップ(サランラップ)
  • タワシ、スポンジ
まず、スプレー容器にクエン酸液を作ります。

下矢印

水100mlにクエン酸小さじ1/2の割合で、クエン酸液を作ってください。

下矢印

次に、お風呂の床、黒ずみ汚れの部分にティッシュを敷き詰めます。

下矢印

ティッシュの上からクエン酸液をスプレー、ティッシュにクエン酸液をしみこませます。

下矢印

スプレー後は、ティッシュの上からラップをかけます。
(お風呂の床って、滑りにくいように凸凹がありますよね。こうすることで、クエン酸液をたっぷり含んだティッシュを凸凹床の黒ずみ汚れに密着させることができますよ。)

下矢印

半日ほど放置した後、ラップとティッシュを取り除きます。
(このとき、見た目には黒ずみ汚れは全く取れていないように見えるかもしれません。)
しかしがっかりするのはまだ早い!

下矢印

タワシやスポンジで黒ずみ汚れをこすってみましょう。

下矢印

するとあら不思議、黒ずみ汚れがおもしろいように取れますよ。

下矢印

最後にクエン酸や残った黒ずみ汚れを水で流して、掃除完了です。

 

クエン酸よりも強力なサンポール

頑固な黒ずみ汚れはクエン酸だけでは取れないかもしれません。

そんなときには、クエン酸よりも強力な サンポール を使ってみましょう。

サンポールはトイレ掃除でよく使いますよね。

基本的な使い方はクエン酸のときと同じです。

スプレー容器の中にサンポールと水を入れ、ティッシュの上から黒ずみ汚れにスプレー。

ラップをかけ数時間放置した後、タワシで黒ずみ汚れをこすり落とします。

【お風呂掃除の関連記事】

 

管理人(ザッ君)より

以上が、お風呂の黒ずみ汚れの正体や掃除方法などについてでした。

お風呂の黒ずみ汚れには「 アルカリ性ではなく酸性が効果的 」と覚えておきましょう。

クエン酸を持っていない方は、 お酢 を使ってみるとよいですよ。

お酢はクエン酸ほど酸が強くないので、スプレー容器に入れる水の量を減らしてお酢を多めに入れてください。

また、浴室のような狭い空間で酸性とアルカリ性を混ぜるのはとても危険です。

掃除の際には必ずドアと窓を開け換気をしながら作業してください。

酸性とアルカリ性の液体を混ぜるは厳禁!同時に使うのではなく、必ず順番に使っていってくださいね。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ