果物で喉の奥がかゆい!原因は花粉症?熱っぽい時の解消法

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

果物

一年前までは大好物で旬を楽しみに待っていた果物、それなのに今年は食べると体に異変が……

唇が腫れたり、口内や喉の奥がかゆくなったり、さらに熱まで出たりして^^;

  • これらの症状は果物アレルギーが原因かもしれません。

果物アレルギーは金属アレルギーやハウスダストアレルギーと同じアレルギー症状の一つです。特に花粉症と関係の深いアレルギーです。

「果物アレルギーかも?」という方、花粉症を発症しませんでしたか?

今回は果物アレルギーと花粉症の関係や熱っぽい時の解消法などについてご紹介します。

 

果物アレルギーの原因と症状

果物アレルギーは、卵アレルギーなどの他の食物アレルギーと同じように、果物に含まれるタンパク質により発症します。

果物に含まれるタンパク質は果物の種類ごとに違うので、果物アレルギーになったからといって、全ての果物でアレルギー症状が出るわけではありません。

特定の果物を食べたときのみアレルギー症状が出ます。

果物アレルギーの症状はこちらです。

  • 喉がかゆい
  • 唇や口内がピリピリとかゆい
  • 肌荒れ、蕁麻疹
  • 発熱、腹痛、嘔吐
  • アナフィラキシーショック(喘息、呼吸困難)

果物アレルギーでは、最悪、アナフィラキシーショックが起こることがあるので、注意が必要です。

 

果物アレルギーを起こしやすい果物

日本人のアレルゲンになりやすい果物はこちらです。

  • キウイ
  • りんご
  • さくらんぼ、アメリカンチェリー
  • メロンやスイカなどのウリ科の果物
  • バナナ
  • オレンジなどのかんきつ類
  • ビワ
  • イチゴ

果物以外でも、きゅうりやナスなどの野菜、さらにピーナッツやヘーゼルナッツなどのナッツ類がアレルゲンとなることもあります。


スポンサードリンク

 

果物アレルギーと花粉症の関係

花粉症のアレルゲン別に、なりやすい果物アレルギーがあります。たとえば、

上記の花粉症を持っている方は、それぞれに対応する果物を食べるときには注意が必要です。

これまでは大丈夫でも、花粉症と同様、いきなり発症するのが果物アレルギーです。

風邪や花粉症で体調が悪いときには特に発症の可能性が高くなるので、体調不良のときには上記の果物は控えた方がよいです。

風邪か寒気でゾクゾク?一晩で治すひきはじめの対処方法!

 

果物アレルギーで熱っぽい!解消法は?

果物アレルギーの症状は果物を口に入れてから数分~15分程度であらわれることが多いです。

口の中がかゆくなってきた、喉の奥がイガイガしてきたというような果物アレルギーの症状に気付いたら、口の中を水ですすいだり歯磨きをして、口の中に残った果物の成分を取り除きます。

果物アレルギーで熱が出たときには、安静にしましょう。

果物アレルギーでは、体調が急変することがあるので、熱が高くなる・呼吸が苦しくなるなどの症状が出たときには救急車を呼んでください。

一度アレルギー症状が出た果物は、その後はなるべく食べないようにしてください。

果物アレルギーの多くはかゆくなる・腫れるなどの一時的な症状で終わりますが、体調不良などの悪条件が重なると、ショック症状が出ることがあります。

「このくらいなら大丈夫」という油断は禁物です。

また、発熱や全身のじんましんなど比較的重い症状が出たときには、次回も同じ症状が出ると考えた方がよいです。

アレルゲンの果物を食べないのはもちろんのこと、素手で触るのもなるべく控えましょう。

 

管理人(ザッ君)より

以上が、果物アレルギーの症状や熱っぽいときの解消法などについてでした。

好物だった果物で突然アレルギー症状が出てしまうと悲しいですよね。

でも、上記のように果物アレルギーを侮ると大変な目にあうこともあります。

残念ですが、果物アレルギーになった時点でその果物は食べないようにした方がよいです。

【アレルギー関連記事】

「一口だけ」が命取りになることだってあります。果物アレルギーはタンパク質が原因なので、加熱した果物(ジャムなど)では果物アレルギーは起きないとされています。

しかし、体調が悪いときには加熱しても症状が出ることがあるとも言われているので、やっぱり控えた方がよいかもしれませんね。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ