いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

目の日焼け!充血で赤い原因は?今すぐできる4つの対処法

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

夏! 一日中屋外で遊んだ日の夜。目が痛くて痛くて、目を開けていられない 」という状態になったことはありませんか?

これ、異物が目に入ったわけでも、アレルギー反応でもありません。

  • 実は「 目の日焼け 」です。

眩しくて目が痛い

目が日焼けするの? 」という方もいるかもしれませんね。

目も肌と同じように、 紫外線のダメージ を受けて日焼けしますよ。しかも、目は肌よりデリケートですから・・・・・・

日焼けした目は、充血して、乾きます。 そして、チリチリピリピリとした痛み(これは管理人の感想です。痛みには個人差あり)が走ります。

ひどいときには目を開けることもできません^^;

ここでは、こんなに 痛い目の日焼けの対処法をご紹介 します。

赤く充血して困ったなぁと思っている方、ぜひ参考の1つにしてみてくださいね。

 

目の日焼け、原因は?

目の日焼けも、起きていることは肌の日焼けと同じです。

紫外線で目が火傷した状態になります。

火傷により目が炎症、 赤く充血 します。また、日焼けした肌が乾燥しやすくなるのと同様に、日焼けした目は乾燥して、 ドライアイ に似た状態になります。

炎症 充血 乾燥 、この 三拍子が揃う ことで、日焼けした目は激しい痛みに襲われます。

 

目の日焼け予防が大事だよ!

紫外線予防で、顔や腕は万全に対策している方は多いと思います。

目の紫外線の予防対策はしていますか?

目が日焼けで肌のように黒くやけるわけではありませんが、上記でご紹介したように、炎症で痛みに襲われることがあります。

紫外線の中には水晶体や奥にある網膜まで到達するものがあり、ダメージが蓄積されると「白内障」や「光誘発性角膜炎」といった病気の引き金になることもあります。

目の老化を防ぐためにも、目が充血で痛くなったと悩む前に「 目を紫外線から守る予防対策 」をしておきたいものですね。

  • UVカット加工のついたサングラスを着用する
  • 紫外線は正面からだけでなく、目とレンズの隙間からも入ってきます。なので、目とレンズの隙間のないタイプのUVカット加工されたサングラスをつけないと余計に目にダメージを受けることもあります。

楽天広告

 

目の日焼けの対処法 ① 冷やす

上記の通り、目の日焼けも肌の日焼けと同じなんですが、要は「 火傷 」です。

なので、 火傷は、まずは冷やしましょう!!

冷たい水に浸し絞ったタオル、または冷凍庫で冷やしたタオルと目の上にのせると良いですよ。

保冷剤を布巾やハンカチで包んで、瞼に置くというのもよいですね^^

10~15分冷やすと、日焼けによるほてりや痛みが治まってくると思います。また、タオルをのせている間、目を閉じておくことで、目の乾燥も防ぐことができます。

 

目の日焼けの対処法 ② 目を休ませる

目を日焼けしてしまった夜や翌日は、できるだけ目を使わないようにしてください。

パソコンやテレビ、スマホの画面を凝視するのはNG! コンタクトやアイメイクも控えましょう。

普段、コンタクトを使用している方、この日はメガネに切り替えてください。また、アイメイクの中でも目の際に引くアイラインは特にドライアイを招きます。

【関連記事】
メガネのレンズ交換のみ!持ち込み可能なパソコンメガネJINSの価格は?

日焼けした目がさらに乾燥してしまうので、 アイライン は使わないでください。


スポンサードリンク

 

目の日焼けの対処法 ③ ビタミン類を摂取する

目を日焼けしてしまったときは、意識して ビタミン類を摂取する ようにしてください。

目のケアに効果のあるビタミン類はこちらです。

  • ビタミンA ・・・網膜、角膜を保護する。うなぎやレバーに豊富に含まれます。
  • ビタミンB2 ・・・目の充血を抑える。豚レバーやチーズに豊富に含まれます。
  • ビタミンB6 ・・・目の炎症を抑える。大豆や牛乳に豊富に含まれます。

 

目の日焼けの対処法 ④ 紫外線用の目薬を使用する

紫外線用の目薬

目の日焼けがひどいときには、 紫外線用の目薬 を使用してもよいです。

紫外線用の目薬には「硫酸亜鉛水和物」が配合されており、目の炎症を抑えることができます。

また、製品によっては、硫酸亜鉛水和物に加え目の充血を抑える「血管収縮剤」も配合されています。

目の充血がひどいときには血管収縮剤入りの目薬がおすすめです。

ただ、この成分、一時的に充血をとるのには効果がありますが、長期にわたって目に使用すると充血がさらに悪化することがあります。

つまり、一夏中使用したりするのは危険ということ。

血管収縮剤には、「 塩酸ナファゾリン 」「 塩酸テトラヒドロゾリン 」「 塩酸フェニレフリン 」などがあります。

成分にこれらの表記がある目薬は、一時的な使用にとどめましょう。

【関連記事】
まぶたにかゆみと腫れ!市販薬で絶対失敗しない選び方のコツ

 

管理人(ザッ君)より

以上が、目の日焼けの原因や対処法についてでした。

日焼けした目を放置したり、あるいはさらなる日焼けを重ねてしまうと、角膜炎や白内障、翼状片などの目の病気を引き起こすことがあります。

目を日焼けしてしまったときには、上記の対処法を参考に、目をしっかり休ませてあげてください。

また、目の日焼け防止には、「つばの広い帽子をかぶる」「紫外線カットのサングラスやメガネをかける」のが効果的です。

サングラスを使用するときは、真っ黒のレンズは「 × 」です。

黒いレンズのサングラスをかけると、視界が暗くなってしまうため、目は光を取り込もうと瞳孔を開きます。

瞳孔が開くということは、多くの紫外線が目の奥に届いてしまうということ。

目の日焼けを招いてしまいます。なので、サングラスは色の薄いレンズを選んでくださいね。


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ