いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

結婚線の見方?二股に枝分かれが右手も左手も!コレは・・・

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク


結婚線の見方

合コン、婚活、お見合い……縁結びの神社にも参ったし、もう万策尽きた。

そんなとき、良く耳にするのが「結婚線」です。いわゆる手相占いですね。

結婚線で婚活の行方がわかる!?」と聞くと、ごくりとつばを飲みこみ、いざ両手を目の前に……と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

その前に、結婚線の見方をおさえておかなければね。ということで、今回ここでは、結婚線の見方、特に二股に枝分かれした結婚線についてご紹介します。

 

結婚線は小指の付け根の下にあるしわです。

まずは、結婚線について、どこにあるか知っていますか?

結婚線は小指の付け根の下にあります。ごくごく短い線です。

結婚線の場所

線が何本もある」という方もいるでしょう。

小指下に出ている線が全て結婚線というわけではありません。

手のひらを顔(上)に向けてください。

そのとき、小指をちょうど縦半分に割るように一本線を引いたとして、その線を超えて手のひら側まで伸びている線が結婚線です。

一本線を超えていない線は恋愛線です。

結婚線がない方、結婚には縁遠いかもしれません。

  • 結婚線が複数ある方、結婚のチャンスが多いかもしれません。

結婚線が上を向いている方、まさに結婚運上昇中です。

結婚するなら今のうちですよ!という感じで、結婚線で結婚運を占うことができます。

❖ 結婚式のアイデアが何も思い浮かばない?簡単なネタ5つ!

 

左右どちらの手相を見るの?

一般的に、利き手の手相は後天的な運勢、利き手と反対の手は先天的な運勢を示していると言われています。

これを踏まえたうえで、結婚線は左右どちらの手を見ればよいかというと……

結婚線は両手を見るが正解のようです。

たとえば右利きの場合、

  • 左手の結婚線×(運勢悪い)、右手の結婚線○(運勢良い)のときには、元々の結婚運はよくないけれど、日頃の行いや努力で好転した(しつつある)ということ。
  • 左手の結婚線○、右手の結婚線×のときには、元々の結婚運はよいのだけれど、暗転するおそれがある、もしくは暗転しちゃったということ。

このように、結婚運には先天的・後天的どちらの運勢も影響するので、両方の手を見てください。

また、一般的に若い方の結婚運には先天的な運勢(利き手と反対)、そうでない方や離婚歴のある方は後天的な運勢(利き手)が大きな影響を与えると言われています。


スポンサードリンク

 

結婚線が枝分かれしている!!これって良いこと?悪いこと?

結婚線が二股に枝分かれしているときは、結婚線のどこが二股に分かれているかが重要です。

  • 結婚線の先端(手のひら側)は行く末を示しています。

先端が二股に分かれた結婚線は、結婚後、夫婦は離婚や単身赴任、ケガ、病気など、何らかの理由で別々に暮らす事を暗示しています。

 

根元が二股に分かれているときには?

結婚線の根元は結婚までの過程を示しています。

元が二股に分かれた結婚線は、恋愛から結婚までは障害が多く困難にもあうが結婚後は幸せな家庭生活を送ることができることを暗示しています。

 

根元も先端も二股に分かれている!?

根元も先端も二股に分かれているときには、上の二つの運勢を足した運勢を示しています。

つまり、結婚前も結婚後もうまくいかない、困難に次ぐ困難という結婚生活を暗示しているということです。

 

管理人(ザッ君)より

以上が、結婚線の見方、特に二股に枝分かれした結婚線についてでした。

上記の通り、結婚線が二股に分かれているときには、結婚前や結婚後に何らかの障害・困難にあう可能性あり!!

恋愛を成就させる、結婚生活を送るためには夫婦の心が離ればなれにならないように、普段から相手への思いやりを持つことが大切です。

あなたの結婚線はいかがでしたか。結婚線が両手ともありませんでした。婚活しても無駄みたい……四月からは婚活をやめて、カルチャーセンターにでも通おうかな(;´・ω・)

って方もいるかもしれませんが「願えば叶う」という言葉もありますから、諦めずに良い出会いに期待していきましょう。


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ