いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

耳の水抜きにドライヤー!?水が入った時の対処方法は4つだ

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク


プールやお風呂で耳に水が入って抜けないことってありますよね。

耳がこもって聞こえにくくなるので、しばらく気持ち悪いです。

すぐに水が耳から抜ければ良いですが、抜けない場合は中耳炎の原因になって耳に痛みを感じるようになってしまいます。

耳の水抜きの正しい対処方法を4つご紹介します。

今回の発見は、水抜きにドライヤーが良いと知ったことです。その方法やNGな水抜き方法もご紹介していますので参考にしてみてください。

プールやお風呂で水が入ったわけではないのに、耳がこもったり耳鳴りがする場合は、色々な症状が考えられます。

その中には、ヤバイ病気の可能性もあります。

❖ 耳鳴りがキーン!原因と治療はボー・ボーン・ジーとは違う?

 

耳の何処に水が溜まっているのか?

まず耳に水が入った時は、水が何処に溜まっているのか見極めることがポイントになりますね。

耳の鼓膜のすぐの所にくぼみが有ります。

耳に水が入って出せない時は、ここに水が溜まっているのです。

鼓膜に穴が開いていない限り、鼓膜より奥には行きませんので、一先ず適切な水の抜き方を実践すれば大丈夫ですから安心してください。

それでは、耳に水が入って抜けなないときは、次の対処法で解消してみてください。

 

耳に入った水の抜き方対処法はこの4つ!

小学生の時にプールに入った後、必ずやっていたと思います。

首を45度に傾けて、片足でジャンプしましたよね。

ただ、後ほどご紹介しますが頭を叩きながらジャンプするのはやめてください。

  1. ジャンプしましょう!
  2. 水が入った方の耳を下にして、ジャンプしてください。

    一回ではなかなか抜けませんが、数回するとツルッと水が出て来ます。

    耳に水が入ったら、まず一番最初にやって見てくださいね。

  3. ドライヤーを耳に!!
  4. 耳の水抜きにドライヤー!

    ドライヤーの熱風によって、溜まった水を蒸発させる方法です。

    これは、今回の調査で管理人も初めて知りました。

    聞くとなるほど、確かにそうかもしれない、なんですが、本当かなと思ったのでお風呂に潜ってドライアーを耳にあてて実験をしてみました。

    しばらく温風を当てていると、いつの間にか水がなくなっていまよ。

    ただ、ドライアーは強と弱があると思います。

    強すぎる温風は火傷になるので、注意してください。少し時間はかかりますが弱を使って耳から水を抜くのが良さそうです。

  5. 耳を斜め後ろに引っ張る
  6. これも耳に水が入ったら、無意識にやっている方法だと思いますが効果はあります。

    水が入った耳の後ろを持って、ゆっくり斜め後ろに引っ張ってください。

    鼓膜の手前で溜まった水が押し出されてきます。

    一回では出にくいので、数回やってみてくださいね。

  7. 消毒アルコール
  8. 水が入った耳に、消毒アルコールを1滴入れてください。

    5秒ほど経ってから頭を傾けると、アルコールの蒸発と一緒に水がタラっと出て来ます。

    注意点はアルコールを入れ過ぎないです。


スポンサードリンク

 

それでも耳から水が出ない時は?

なかなか水が抜けない時は、耳の奥に水が行ってしまっている状態です。

そんな時は、あえて水を耳に入れて一緒に出す様にしましょう。

  • 耳から水が抜けないなら、あえて少し水を入れる!

入れる水の量ですが、多い目の方が良いです。

ただ、入れ過ぎると入れた水まで抜け難くなるケースもあるので、ほどほどといった量にしてくださいね。

  • 耳鼻科へGO!!

どうしても水が抜けない時は耳鼻科に行って下さい。

プールやお風呂、海水などは雑菌が多く有りますので、そのまま放置していると菌が繁殖して炎症を起こします。

中耳炎の原因にもなりますので、早めに診て貰ってくださいね。

 

耳から水を抜くためにやる「これはNG!」

水が入った耳の反対側から頭を叩く方がいますが、これはNGです。

  • 頭を叩くとダメージが大きい!

確かに水が抜けるかもしれませんが、脳へのダメージが有ります。

叩いたからと言って、抜け易くなるのではないので、これは止めておきましょう。

水が抜けなかったら、ダメージも残りますよ。

これも良くやる方が多いのですが、ディシュを耳に入れる。

  • ティッシュを入れると外耳炎に!?

ティッシュをこよりの様に細くして、水を吸い取ろうとします。

また、綿棒でもやる方もいますよね。

上手くすれば問題は有りませんが、慣れていないと鼓膜や耳の中を傷つけてしまいます。

外耳炎の原因にもなりますので、止めて置きましょう。

実は管理人は何度か外耳炎になったことがあります。

原因は耳掃除のやり過ぎです。

パサパサの耳垢がしまいにジュクジュク臭い耳垢になります。つまり膿んでしまうのです。

これが酷くなると、急に耳が痛くなって耳鼻科行きです。そして、診断は外耳炎と言われ耳に電気を当てます。

たぶんジュクジュクを乾燥させているのかなぁ?

 

耳に水が入らないようにするには?

耳に水が入らないようにすれば、このような悩みを持つことがなくなります。

「耳垢を残す」ことで水に水が入らなくなります。

耳垢は防水効果が有ります。

そして、耳垢は溜まると自然と落ちるようになっているので、実は掃除は必要ないとも言われています。

耳掃除は気持ちいいですが、する場合は掃除し過ぎない様に残して起きましょう。

 

管理人(ザッ君)より

今回は、耳の水抜きの対処方法をご紹介しました。

耳に水が入った場合は、出来る限り道具を使わないで抜いてくださいね。

調査した結果、火傷には注意が必要ですがドライヤーを使うのが良いのではないでしょうか。

お風呂は難しいですが、水が入らないようにするにはプールなら耳栓が一番です。

そのままですが・・・

ただ、周囲の声や音が聞こえ難くなりますので、注意してくださいね。

お風呂あがりに綿棒で耳掃除が日課になっている方も多いと思いますが、耳の中を傷つけてしまう場合が有ります。あまり奥まで突っ込まないように、そしてゴシゴシは止めたほうが無難ですよ。

また、どうしても抜けない時は耳鼻科に行って抜いてもらってください。

ずっと残っていると菌が繁殖して炎症が起きます。

耳に水を入れないように気をつけてくださいね。


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ