いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

6月病の症状克服!新入社員はヘトヘト!上司のモヤモヤ対処

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク


5月病は知っている方は多いでしょう。

五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

4月は新しい環境でスタートする人が多いですよね。

学生であれば、新入社員として頑張り、社会人であれば昇格や転勤、異動などがあります。

別に3月と環境の変化のない方でも、4月だし心機一転がんばろうと思います。

そして、GW(ゴールデンウィーク)を迎えて、リフレッシュしたつもりがGW明けに今まで蓄積していた疲労や負担が一気に現れます。

5月病は、誰しも多かれ少なかれ経験するものです。

サザエさん症候群の少し重い版と思うくらいで丁度良いです。あまり深刻に考えると余計に精神にストレスを貯めこんでしまいますからね。

でも、6月病は聞いた事が無い方もいると思いますが、ちょっと5月病と比べて厄介かもしれませんよ!

 

6月病って?

まず6月病の症状を見てみましょう。

6月病の症状や特徴
  1. 気分が晴れず落ち込むことが多い
  2. 疲労感が抜けず肩こりや頭痛が起こる
  3. 頑張ろうと思っても集中力がなくなり続かない
  4. 寝つきが悪く寝不足気味
  5. お腹の調子が悪く下痢や便秘がちになる
  6. 食欲があまりわかない

ご紹介したのが6月病の代表的な症状なんですが、あれ、コレ5月病とほどんど一緒じゃん?

そうなんですよ。5月病の症状がそのまま6月にも継続している、または5月はならなかったけど6月に症状として現れる方が最近増えてきているのです。

だから、新5月病とも言われています。

6月病を克服

状態は5月病になって、克服しようと頑張ったのに、ほとんど良い結果が出なかった方がなります。

「治そうとしたのに治らなかった・・・」と、また悩んでストレスが溜まり6月病となります。

さらに進行が進むと、私生活も出来無いぐらいの「うつ病」になってしまうのです。

これは辛いですね。

周りの方も助けたいけど、なかなか助けれない。

会社員であれば6月病の本人はヘトヘト!上司はモヤモヤ!気を使いすぎて大変な状況になる方が多いです。

会社の雰囲気も悪くなるので、早めに対処したほうが良いでしょう。

5月病にもなって、6月病になっている方はさらに注意が必要です。

5月病より「進行状態」という所が大きく違って来ますからね。

 

6月病はどんな人がなる?

6月病は主に「新入社員」に多く現れる症状です。

でも、4月に部署が変わった方もなりやすいのです。

新しい環境に慣れないと言う事は、本当に辛いですからね。


スポンサードリンク

 

6月病の原因は?

主に「環境の変化に着いていけない」です。

新入社員であれば、大学で勉強やバイトに追われて、「やっと就職先も決った!」と気が抜けた時に、新しい環境で働き始めると、沢山のギャップが出て来ます。

「会社ってこんな感じと思わなかった・・・」「人と上手くやっていけない・・・」など、山の様に問題が出て来ます。

これは凄いストレスですよね。

こう言う悩み事は、直ぐに解決できないものばかりです。

だから負のスパイラルにはまりやすく、脱出も出気難い環境になってしまうのです。

 

6月病の対処法は?

「コレ!」と言った対処法は有りません。

人それぞれ悩み事が違うので、マニュアルなんて作れません。

でも、「話を聞いてあげる」事は可能です。

周りが解決方法を伝えたとしても、おそらく相手は聞いていません。なかなか当の本人は周りが見えなくなって大変です。

「聞く体勢」になっていない方に、何を言っても聞きませんからね。

ポイントは相手は、「聞いて欲しい」のです。

  • 6月病で悩んでいる人の話を聞く時のポイント
  1. 言い返さない
  2. 相手は色んな悩みを話すと思います。

    この時に、「じゃ、こうすれば良い!」など、解決方法を言ってはいけません。

    聞いて欲しいだけなので、答えは求めて無いのです。

    「うんうん」と静かに聞いてあげましょう。

  3. 全て話をさせる
  4. 相手が話し始めると、どんどん話してきます。

    中途半端に聞くのを止めたり、こちらの意見を言うのは駄目です。

    相手の気が済むまで話をさせてあげましょう。

    たまに意見を聞いてくる事もありますが、出来るだけ相手に同調した意見を言ってあげてくださいね。

 

管理人(ザッ君)より

6月病の克服と言うことで原因や症状を中心にご紹介しましたが、6月病になっている方がいたら、話を聞いてあげてください。

話をさせるだけで治る方もいます。

今、急に治るものでは無いので、開き直る様にした方が良いのです。

責任感が強い方は特になりやすい理由は、「開き直れない」が有ります。

周りが話を聞いてあげて、仕事など上手くカヴァーしてあげてください。

開き直った瞬間に治る方もいます。

6月病の方は、話を聞いてもらってスッキリとさせましょう。

真面目なあなたはONとOFFの切り替えを意識すると良いかもしれませんね。

新入社員の人は休みの日は仕事のことは一切考えないで趣味に没頭するのも良いかもしれません。元気良く出社してくださいね。


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ