ボーリングの投げ方の種類!フックボールで決めるには!?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

最近、「仕事の帰りにボーリングでも行こうか?」という機会が増えて、どうせやるなら少しで上手く決めたいなぁと思う管理人です。

休日返上で、お金のかかる接待ゴルフよりは、断然ボーリングの方が楽しいですからね。

昔、社会ブームにもなったボーリングですが、1年に数回程度や、数年に1度か行かない程度の方も多いと思います。

少し人気が戻ってきたようですが、どちらかと言うとボーリングはマイナーなスポーツですよね^^;

そんなボーリングをめったに行かない人や初心者の方に向けたボーリングの投げ方のコツをお伝えする記事です。

スコアを競い合うようなガチではなく、ぬる〜くボーリングを楽しむレベルを求めている方、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

ちなみに管理人の平均スコアは、まぁいいか^^;

ボーリングは結構、全身を使うスポーツです。

スポーツのコツは頭で体の動きがイメージできるか!コレ、かなり大事なんですよ。

更新:2017-03-11

 

ボーリングは、なんと言っても基礎が大事!

ボーリングにはいくつかの投げ方がありますが、知っていますか?

ホーガン投げや、股抜き投げは罰ゲームの投げ方ですから論外です。

主に4種類の球種があると言われていますが、特にフックボールなんてカッコ良いですから、真似したくなりますね。

ボーリングの球種

 

  • ストレートボール
    文字通りピンに向かってボールの軌道は真っ直ぐです。
  • フックボール
    途中まではストレートと同じボールの軌道して行きますが、ピンの手前で曲がっていきます。
  • カーブボール
    右投げなら、右側のガータ側に弧を大きく描いてピンに向かって曲がっていきます。
  • バックアップボール
    バックアップと言えば、バックスピーンをイメージして戻ってくる魔球のようですが、単なる失敗です。ストレートを投げようとしているのに、右投げなら右に曲がっていく軌道です。

しかし、基礎が出来て居ないなら、フックボールなんて10年早い!

いきなりフックの練習をしても出来るものでは有りません^^;

これからボーリング大会が参加する、デートがあるから少しでも上手になりたいと願うなら、まずは次の基礎からやって行きましょう。

 

ボール選び

ボール選びがまず大事なんですが、カッコいい色やかわいい色だけで選んでいませんか?

昔と比べて、オシャレなボールも増えましたからね^^

また、このボールは軽すぎるとか、重すぎると選ぶ基準にしている方も多いと思います。

カップルでボーリングをするとき、男の人は少し重めのボールを無理して、女の人は力持ちに見られるのが嫌なのか、軽めのボールを選んでいるような気がするのは管理人の思い込みでしょうか?

 

  • ボールを選ぶポイントは重さでは有りません!!

ボーリングの投げ方の種類!

自分の指がボーリングのボールの指穴に合った物」を選ぶのです。

中指と薬指は第2関節までで、親指は根元まで入るボールを選んでください。

この時、手の平とボールの隙間が、指一本ぐらい開くものが理想です。

 

投げ方

肩を支点にしてボールの重さ使った、振り子の様なスイングが基本です。

大きくゆっくりと、力が入らないように真っ直ぐ投げましょう。

このとき、腕が内側や外側に振っていると、真っ直ぐに投げれません。

 

  • 体と腕が平行になる様に練習しましょう。

その前にもっと大事なのが、「投げる前の助走です。

助走は、4歩を基本に真っ直ぐテンポ良くする事です。

1歩目は出来る限り歩幅を小さく2歩目、3歩目と少しずつ歩幅を広げ、4歩目が一番大きな歩幅になるように意識するのがポイントです。

はじめてボーリングをする人はどっちの足が1歩目なのか、わからない方もいると思います。

投げる方と同じ足で1歩目を踏み出します。つまり、右投げなら右足ですね。

ボールが真っ直ぐ行かない理由として、真っ直ぐ助走をしていない事が多くあります。

初心者は、助走だけの練習から始めてみてくださいね。

そして、線は超えたらだめですよ。投げてから超えるのもアウトです。


スポンサードリンク

 

狙い方

レーンの手前にあるアプローチドットの、真ん中から右二つ目(右投げの方)に右足を乗せます。

そして、レーンの真ん中辺りのスパット(三角のマーク)の、右から二つ目を通るように投げましょう。

コントロールの基礎として、これが出来無い変化球は無理です。

しっかりと練習して出きる様にしましょう。

 

ボーリング投げ方の種類

まずはスコアを伸ばすために、下記に2つの基本をマスターしましょう。

 

ストレートボール

基本的な曲がらないボールです。

2投目で端に残った1,2ピンを倒す時に有効です。

これが出来無いとイージースペアは無理ですね。

ポイントは、ボールに指している親指が、狙ったピンに対して真っ直ぐ向いている事です。

そのまま真っ直ぐスィングすればOKですよ。

 

ナチュラルフック

フックボールの基本です。

ゆったりと曲がって行くので、回転の様子が良く解ります。

これを基本とし、練習していけば強力なフックも可能となります。

ポイントは、ボールに指している親指が、レーンに対して10時の方向に向いている事です。

そのまま真っ直ぐスィングすれば、自然に回転してフックになるのです。

決して腕の振りで曲げようとしては行けませんよ~

 

  • 強いフックの投げ方のポイントは次の3つです。
  1. 握り方をフィンガーチップにする
  2. ボールの指穴を開ける
  3. リリースは親指を先に抜いて、残った指を回しながら投げる

手首に負担がかかる投げ方なので、しっかりと鍛えておきましょう。

 

管理人(ザッ君)より

いやし

ボーリングの初心者の方でもぬる〜く楽しめるように、投げ方のコツなどをお伝えしました。

ボーリングは基礎が大事です。

腕の振りやリリースの仕方など、しっかりと出来て居ないと変化球は無理です。

ゆっくりで良いので、出来るまで練習しましょう。

そして、ハイスコアを出してくださいね!

また、1ゲームに1回はスピアをとるチャンスや、チームプレイならあなたがスピアを求められるケースも出てくるでしょう。

プレッシャーを感じるとボールがますますイメージした軌道と違う方向に転がりますので、精神力を日頃から鍛えておきましょう。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ