舌の病気?症状は、ひび割れで溝状!その正体はw|;゚ロ゚|w

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

舌が下記のような症状になったことはありませんか?

  • 舌がピリピリする
  • 食事中、舌が痛い

そして、「あれ、なんだかおかしいぞ」と思い、鏡の前で舌をぺろっと出してみると……

舌の表面に亀裂!ひび割れが!!というようなこと(´_`。)

そのような経験がある方はきっとこのように思ったに違いありませんよね。

なかなかグロテスクな舌を目の当たりにしてしまった^^;

このような舌に症状が現れるのは、特に冬、舌のひび割れが頻発します。

といった訳で、ここでは、舌のひび割れの正体や予防法についてご紹介します。

 

舌のひび割れ、何の病気?

ひび割れた舌を「溝状舌」と言います。

舌の表面に亀裂やひび割れが走り、舌全体が赤く腫れあがります。

溝状舌は舌の状態・症状を表す言葉で、溝状舌になる原因はいくつかあります。

主な原因を4つご紹介します。

  • 先天性(生まれつき)
  • 脂質異常症
  • 高血圧症
  • 糖尿病

これらの4つが溝状舌の原因と言われています。

特に脂質異常症、高血圧症、糖尿病が悪化すると溝状舌が現れます。

また、これらの病気が原因の溝状舌では、ひび割れた部分に刺激物があたるとしみたり、痛みを感じます。

先天性は別にして、病気が原因の溝状舌では、病気の症状や体調によって自然治癒することもあります。

 

「溝状舌」以外の舌のひび割れは?

上記のいずれの原因も思い当たらないのに舌がひび割れることがあります。

また、「舌に亀裂があるけど、別に痛くないし刺激物を食べてもしみない」という方も多いでしょう。

  • このような舌のひび割れの原因は、「口内の乾燥(ドライマウス)」です。

つまり、肌の乾燥や指のあかぎれと同じ、乾燥によって舌にひびが入ってしまうのです。

なので、舌のひび割れは空気が乾燥し、しかも風邪やインフルエンザで鼻がつまり口呼吸になりやすい「冬」に起こることが多いです。


スポンサードリンク

その他にも舌が地図のようになる「地図状舌」と言うのもありますね。

ビタミンB群の摂取量が少なかったり、ストレスが原因だと言われていますが、はっきりしたところは解明されていません。

❖ 尿の色が濃い!原因はストレス疲れ?肝臓の病気だけはイヤ!

いずれにしても、舌の色は正常な場合は、淡い紅色をしているものです。

白くなったり、逆に赤くなったりするのは何だかの体の不調が考えられますので注意しましょう。

ちなみに正常な舌の色がどんな色かわからないと目安がないですよね。

こちらのサイトで「舌診の解説」がありましたのでご紹介します。

 漢方薬の舌診の解説

 

乾燥による舌のひび割れ、予防法は?

舌の病気?

乾燥による舌のひび割れの予防法はずばり、「舌を乾燥させないこと」です。

まず、口呼吸は厳禁です。

鼻炎や鼻づまりの方、口内が乾燥しないようにマスクをしてください。

就寝中もマスクをしましょう。これ以外とポイントですよ^^

また、加湿器などを使って部屋の湿度を高く保つことも大切です。

  • ドライマウスを防ぐためには、湿度40~60%が必要、最低でも40%をキープしましょう。

また、「唾液の分泌量が少ない」ことも口内が乾燥する原因の一つです。

唾液の分泌は咀嚼によって促されます。

食事の際は、噛み応えのあるものをよく噛んで食べましょう。

ガムやするめいかを噛むのも効果的です。

 

舌のひび割れ、虫歯や歯周病が原因かも…

虫歯や歯周病が舌のひび割れの原因になっていることもあります。

虫歯や歯周病は自然治癒はしませんので、早めに歯医者さんに行ってください。

また、舌のひび割れ、よくよく見ると歯型がついているという方、自分で自分の舌を噛んでいます。

歯並び・噛み合わせによって無意識のうちに舌を噛んでいる場合があるので、舌に歯型を見つけた場合も、歯医者さんで相談しましょう。

 

管理人(ザッ君)より

以上が、舌のひび割れの正体や予防法についてでした。

舌のひび割れにはいくつかの原因がありますが、中でもドライマウスが原因の舌のひび割れは、セルフケアで予防することができます。

口内が乾燥しないように、口呼吸をやめ、唾液の分泌量を増やしてください。

また口内を乾燥さえないためには、水分補給も大切です。

特に冬、軽く口内を潤す程度でよいのでこまめな水分補給を心がけてくださいね。

そして、綺麗な舌を維持しましょう。


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ