ベロのやけどが治らない!痛いヒリヒリ舌を治す方法!

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

小籠包って、中から肉汁が出て美味しいですよね。

でも、油断をすると舌(ベロ)をやけどしてしまうことが良くあります^^;

舌をやけどすると、ヒリヒリとしてその後の食事が困りますよね。

ひどいやけどになると、赤く腫れたり痛みを伴うこともありますが、出来ることなら何回も同じ目にあいたくないものです。

といった訳で、食いしん坊に多い舌のやけど、治す方法や痛い目にあわないコツなどをお伝えします。

 

舌(ベロ)がやけどするとどうなる?

いわゆる「カタル性口内炎」と呼ばれる症状になりますね。

舌がやけどで、口内炎?」と思いましたか?

そうですよね、口内炎と言えばヘルペス性口内炎とか、アフタ性口内炎を思い浮かべます。

でも、やけどすることによって、赤い斑点が出来て腫れる症状は「カタル性口内炎」と言われます。

どのような症状の特徴が現れるのか、少し詳しく見てみましょう。

カタル性口内炎の特徴
  1. ヒリヒリ痛みが出たりピリピリ痺れる
  2. やけどした所がザラザラする
  3. 水ぶくれが出来る
  4. 口の中の皮膚がむける
  5. 舌が腫れたり赤くなる
  6. 味覚を感じにくくなる

ご覧頂いたようにどの症状も、しばらく食生活に支障が起きますよね。

口の中は違和感があると、気になって仕方がありません。

ヒリヒリやピリピリしますし、ついつい患部を触ってしまったりして悪化させます。

そして、6番目の味覚を感じにくくなるのは厄介ですよね。

しばらくしたら治るので、我慢するしかないのですが。。。

 

カタル性口内炎になりやすい人!

質問

今回は、「舌のやけどでカタル性口内炎に!」とご紹介して行くのですが、カタル性口内炎は、やけど以外でもなりやすい人がいます。

小さなお子様から、若い人、そして老人の方まで「カタル性口内炎」になりやすい環境面がありますので、覚えておいて損なないですよ。

ヒントは口の中には本来ないものが、あることによって症状が発症しやすくなります。

正解は後半へ続く・・・

 

「カタル性口内炎」はどれぐらいで治る?

口の中の傷は、他の部位よりも数倍の早さで自然治癒をしていきます。

これも、抗菌や炎症を抑える働きの有る、唾液のおかげです。

動物でも傷をなめる行為をしますが、同じことの様です。

  • その為、カタル性口内炎は数日~2週間以内で自然治癒します。

だいたい3日もすれば大方治りますが、酷い方は1ヶ月以上も治るのにかかってしまう方も居るので、その時は病院での治療が必要ですよ。


スポンサードリンク

さて、カタル性口内炎の特徴や治る期間はおさえれたと思います。

ただ、対処法も大事だけど症状が発症しないに越したことはないですよね。

先ほどの、「カタル性口内炎」になりやすい環境面の正解をお伝えします。

本来は口の中にはないものですが、そのものがあることで粘膜と接触してカタル性口内炎を発症しやすくなります。

  • おもちゃ・指・入れ歯・義歯などが口の中に!?

小さいお子さんは、おもちゃや指を口の中に入れること多いですよね。

年齢を重ねると、入れ歯や義歯になる方も多いと思います。

これらは本来、口の中にはないものです。

つまり異物です。

ないものが口の中に入ることによって、粘膜と物が接触して「カタル性口内炎」を発症してしまいます。

  • 口の中はいつも綺麗にしておく必要があります。

お子さんであれば、親がしっかりなんでもかんでも口の中に入れないように注意してみてあげてください。

入れ歯や義歯などが原因の場合は歯医者さんに相談してあった物にしてもらうのも予防になると思います。

物の異物による「カタル性口内炎」の予防法がわかった所で、次はやけどはどうやって対処していけば良いか見ていきましょう。

 

どんな人がやけどしやすい?

ほとんど「食いしん坊」の方です^^;

「食べる事が好き」や「ずっとお腹が空いている」と言う方は、冷めない内に早く食べようとするからです。

猫舌

食べ物は逃げはしないので、落ち着いて食べてくださいね。

特にカップラーメン好きは、舌をやけどしてしまう方が多いですね。

3分経っていても、まだまだ熱湯なので気をつけながら食べましょう。

また、レンジで温める飲み物や食べ物も、入れ物はそこまで熱くなくても中は熱いので、「熱くない」と思って口にする方が居ます。

レンジはコンロの様に外側から温めるのではなく、中側から温める仕組みになっています。

入れ物の温度で判断するのは止めましょう。

これが食いしん坊さんが120%やけどで痛い目にあわないコツですよ^^

 

数日も待てない!やけどを直ぐに治す方法は?

上記でご紹介したように、口の中は唾液の力によって自然治癒力で治ります。

ただ、数日と言っても長く感じるので、直ぐに治したいと思う方もいるでしょう。

 

氷で冷やす

やけどには「冷やす」です。

特に氷を口の中で転がしていると、痛みが引きます。

氷の冷たさによって、皮膚の感覚が麻痺するのです。

でも、治ってはいないので、食事には気をつけてくださいよ。

 

砂糖

やけどした所に砂糖を乗せてください。

意外かも知れませんが、鎮痛効果が有るのです。

応急処置の一つとして覚えておいてくださいね。

 

はちみつ

ハチミツは、口内炎や傷の治療に良く効きます。

また、保湿成分も有るので、やけどには効果的です。

やけどした所に、少し付けて舐めれば痛みが和らぎます。

美味しいので、食べ過ぎないように注意してくださいね(笑)

唇の内側に水ぶくれ!小さい白いブツブツの水疱の治し方 

 

管理人(ザッ君)より

以上が舌のやけどを治すポイントと、舌をやけどして痛い目に合わないコツです。

熱すぎる物を口にする時は、十分に気をつけてください。

慌てて食べたりしようとするから、やけどをするのです。

よ~く冷ましてから、ゆっくり食事をすれば問題は有りません。

少し恥ずかしいかもしれませんが、「ふ〜ふ〜」して、熱を冷ましてから食べるようにしていきましょう。

舌をやけどしたら、後悔してもあとの祭りですからね。

もし、やけどしてしまったら、早めに冷やすなど対処して、早く治してくださいね!


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ