いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

ソフトボールのピッチング!ウインドミルの投げ方コツは?

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

ソフトボールのピッチング

日本女子ソフトボールの人気もあって、ソフトボールをはじめられた方も多いのではないでしょうか?

管理人も幼少の頃は野球をやっていましたが、社会人になってからはソフトボール大会に参加することもあります。

男性社員だけでなく、女性社員とも楽しめるのが良いですね。

何しろ、野球だとバットに当てることもできず、ほとんど前に飛びませんが、ソフトボールなら出場選手みんながバッティングも楽しむことができます。

守っている野手も退屈することなく、それなりに役目をこなさないといけません。

まぁ、その程度のレベルで週末を楽しんでいるってことです。

そんな訳で、今回は「ソフトボール」についてお話をしようと思います。

まずは、野球とソフトボールの違いはピッチャーの投げ方ですよね。

ソフトボールは下投げをします。

相手方にピッチャーがウインドミルで投げてたら、もう負けたと思いますね^^;

えっ!?ウインドミルを知らない。。。

 

ソフトボール・ピッチングの2つの投法

管理人が楽しむソフトボール大会のレベルは、はじめての人でもバットに当てれるレベルの球速ですが、ソフトボールのプロになると球速は、 体感速度165㎞らしいです。

そんな玉を投げ込まれたら、のけぞってしまいますよね。

ただ、週末ソフトボール大会のレベルでも、明らかに速い玉を投げる方が1人や2人必ず現れます。

その人達が投げている投法をご紹介します。

ソフトボールではメジャーな投げ方ですが、知っていますか?

  • 【1】 ウィンドミル

ウィンミドルとは「風車」と言う意味です。

大きく回転させた姿はカッコ良いですよね~

  • ウィンドミルの投げ方

投球準備が出来たら、前足を上げながらキャッチャーへ向かって腕を振り上げます。

そして、地面と垂直に後ろから腕を回転させて、前足を大きく踏み出すのです。

半身になった状態でボールをリリースすればOKです。

上手く投げれば、100キロは出ますよ~

  • ウィンドミルのコツ

腕を回転させるときに、肘を身体から離さない様にする事です。

腕の回転も一定では有りません。

頭の上で3割、頭の上から胸まで7割、リリースポイントの膝の横で10割が理想です。

身体の向きも半身になって、身体のバネを使うのです。

また、腕の回転を早くするために、踏み出す足も速くすることです。

一見矛盾している様ですが、速く走るには腕の振りを早くするのと一緒で、踏み出す足の動きが速ければ、自然と腕の回転は速くなります。

でも、素人にはなかなか難しい。

コツコツと丁寧に確認しながら練習してくださいね。

❖ ボーリングのコツはカーブ!親指の持ち方と抜き方でストライク

  • 【2】 スリングショット

腕を後ろに大きく振り上げて、反動を使って腕を前に投げる投法です。

スリングショットとは「パチンコ」と言う意味です。

基本的な投げ方ですが、バッターからすればタイミングが狂うので、嫌な投げ方です。

ピッチングに上手く取り入れれば効果は有りますよ~


スポンサードリンク

  • スリングショットの投げ方

両足に体重を均等にかけて、腕をゆっくりと後ろに最高点まで持って行きます。

グラブを持っている手を使って、反動を付けながら片足を踏み出します。

ステップを大きく取り、ボールを持って居る腕を振り下ろすと同時に重心を落としながらボールをリリースすればOKです。

上手くボールを上げて落とす(ほぼ垂直)と、空振りが多く出ますので、味方チームは盛り上がりますよ~

  • スリングショットのコツ

前足を踏み出した膝の角度が90度で、後ろ足は地面にぎりぎりぐらいまで重心を落とす事です。

また、ブラッシングと言う手首のスナップを使う事も大事です。

ウィンドミルでも一緒ですが、ソフトボールのピッチングでは、このブラッシングで70~80%決ります。

 

ブラッシングの練習法

  1. ボールを投げる方向に対して横向きのなります。
  2. 肘を立てて、上向きにボールを持ちます。
  3. タイミング良く「1、2」と、肘を骨盤の少し上ぐらいに当てます
  4. 「3」で当てた時に、腕を振り下ろして手首の少し上を太ももに当てて、手首を返してボールをリリースします。

よく腕を「こする」「当てる」と言う表現をしますが、どちらかと言うと「転がす」です。

理想のイメージは「太ももの上で腕を転がす」です。

しっかりと練習をして習得してくださいね。

 

管理人(ザッ君)より

ソフトボールのピッチングは、野球をやっていても全く関係有りません。

投げ方や体の使い方が違うので、1から覚えた方が良いです。

無闇に投げ続けても上手くならないので、正しい練習法を繰り返して習得しましょう!


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ