いちご鼻でお悩みのあなた!

毛穴ケアで、いちご鼻・鼻のニキビ・黒ずみ・角栓をケア!/PR

いちご鼻にリメリー

 

重曹とクエン酸の違い?ブレンド効果が出る危険がない割合

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク


重曹とクエン酸の違い?

いきなり化学のお話を始めます。

重曹とクエン酸の違いをまずは知っておく必要がありますからね^^

重曹はアルカリ性です。

なので、酸性の汚れを落とすことができます。

酸性の汚れとは、皮脂や油汚れ、シミなどですね。

一方クエン酸、こちらは名前の通り酸性です。

アルカリ性の汚れを落とすことができます。

たとえば、石鹸カス、水垢、尿石、浴室やトイレの掃除に効果的というわけです。

このように重曹とクエン酸では、落とせる汚れが違うので、掃除する場所、そこについている汚れを見て、どちらを使うか判断しなければなりません。

とはいえ、これらの汚れ、大体混然一体となって存在していますよね。

浴室には石鹸カスもあれば皮脂汚れもあるでしょう。

まずはクエン酸で石鹸カスを落として、水で流したら次は重曹で……

あー面倒臭い!

両方いっぺんに掃除できないの?……

ひらめいた!「重曹とクエン酸、混ぜて使ったらいいんじゃね?」はい、当然そう考えますよね。

 

重曹とクエン酸―混ぜるな危険?

ずばりお答えします。重曹とクエン酸、混ぜて使うことは可能です。

つまりブレンドしてOKです^^

ただ、危険もあります。

利便性をとるか、安全をとるか……

まあ、そこまで深刻な話ではないのですが、危険はあるということを覚えておいてください。

では、重曹とクエン酸をブレンドするときの危険や混ぜ方についてご紹介します。

 

重曹とクエン酸をブレンドすると炭酸水ができる!?

重曹とクエン酸をブレンドすると、二酸化炭素が発生します。

二酸化炭素は炭酸ガス、発泡作用があります。

何も知らずうっかり重曹とクエン酸を混ぜたとき、「いきなりシュワシュワいいはじめてビビった」と経験をお持ちの方もいるかもしれませんね。

その泡の正体は二酸化炭素、有毒ガスではないので、吸っても大丈夫ですよ。

◆ 重曹とクエン酸を混ぜると?もし、飲むとどうなってしまう?

  • 掃除では、発泡作用により汚れが落ちやすくなります。

皮脂、石鹸カス、カビ、あらゆる汚れに効果があります。

重曹だけでは落とせないコンロにこびりついた油汚れ、またはクエン酸だけでは落とせない浴室の水垢、そんな汚れもシュワシュワの発泡作用で一発!

簡単に落ちて、スポンジでこする必要もありませんよ。

 

重曹とクエン酸を混ぜる危険性はどの程度?

重曹とクエン酸を混ぜるとき、危険を伴うことがあります。

まず一つ目は、二酸化炭素の濃度が濃くなりすぎる危険です。

たとえば、狭い浴室。排水口に重曹とクエン酸をふりかけます。

シュワシュワっと泡立ちます。

面白くてつい覗き込んでしまったら……二酸化炭素を思いっきり吸ってしまう危険があります。

気分が悪くなったり、ときには気を失ってしまうことも!

重曹とクエン酸を混ぜるときには通気性を確保、窓やドアを開け換気しながら掃除しましょう。

また、二酸化炭素は空気よりも重いので下に溜まりやすいです。

しゃがんだ姿勢で掃除をするときは気をつけてくださいね。

また、掃除用の重曹やクエン酸には他の成分が入っているものがあります。

成分によっては、混ぜることにより有毒ガスが発生することがあるので注意が必要です。

重曹とクエン酸を混ぜるときには、両者ともに純正のものを使用、「食用」のものなら絶対に純正なのでそちらを使うと安全ですよ。

ちなみに重曹とは関係ないのですが、掃除をするときに最も危険なのはクエン酸と塩素系漂白剤を混ぜることです。

有毒ガスが発生します。

なのでお風呂掃除、塩素系漂白剤を使用した後にクエン酸で掃除をするのは絶対にやめてくださいね。


スポンサードリンク

 

重曹とクエン酸を混ぜるときの割合は?

危険のないブレンド効果が出る割合です。

  • 重曹とクエン酸を混ぜるときの黄金比率は2:1です。

これ以上クエン酸を増やすと、重曹とクエン酸の中だけで完全に中和してしまうので、重曹が油汚れと反応しなくなっちゃいます。

掃除にならないので、重曹を多めに、クエン酸は少なめに混ぜるようにしてください。

 

重曹とクエン酸で排水口汚れを落とす!

では、ここからは実践編。

お風呂の排水口は髪の毛やシャンプーでできたヘドロ、黒カビ、しばらく掃除をサボっていると大変なことになっちゃいますよね。

とてもじゃないけど、手を突っ込みたくない惨状です。

こんなときこそ重曹とクエン酸の出番です。

  1. まずは、重曹。排水口に重曹をふりかけます。
  2. ここはケチってはだめ、たっぷりとふってください。

  3. 次にクエン酸。こちらは様子を見ながら少しずつ、シュワシュワ泡立ち始めるまでふりかけます。
  4. 重曹とクエン酸の反応が始まったら、シュワシュワがなくなるまでしばらく放置。
  5. 最後にシャワーで重曹とクエン酸を流してください。

そうしたら、あら不思議、こすってもいないのに排水口がすっきりきれい、まるで新品のようにピカピカになりますよ。ぜひお試しあれ。

 

管理人(ザッ君)より

いかがでしたか。以上が、重曹とクエン酸を危険のないブレンドの仕方でした。

重曹とクエン酸は違うものですから、混ぜたいときには、まずは両者の容器の表示をしっかり確認してください。

混ぜ物が入っていないことを確かめてください。

また、重曹とクエン酸を混ぜるとき、シュワシュワにのって、重曹やクエン酸の粉末が飛ぶことがあります。

反応している間は、顔を近づけすぎないようにしてくださいね。


スポンサードリンク

 

おすすめ記事
前後の記事
次の記事: »

前の記事:«
サブコンテンツ

このページの先頭へ