風邪の治りかけ 咳が出る原因は?痰の色別で症状はわかるよ

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

ゴホン!ゴホン!風邪が流行り出すとうつされないように予防が大事です。

風邪の予防には外から帰ったら、「手洗い」「うがい」です。

そして人が密集する場所に出かけるときは「マスク」です。

あなたも子供に言ってると思います。でも、面倒くさいですよね。そして結局1年に最低1回は風邪にかかって後悔します^^;

さて、風邪にかかると咳や痰が出ますが、痰の色で症状がわかるのは本当なんでしょうか?

管理人も聞いたことがあるのですが、緑色の痰だったら、風邪の治りかけの合図。

今回は、痰の色で症状がわかるのか?そして、咳が出る原因は何か?といった風邪にスポットをあててご紹介します。

更新:2017-02-26

 

咳が出る原因は何?

ゴホン!ゴホン!咳が出るのは嫌ですよね。突然とむせるように出る咳は特に辛いです。恥ずかしいですしね。

手で追うことが間に合わなければ、唾が飛んで偉いことになります。

また、周りの方も眉間にシワを寄せて明らかに迷惑そうです。

「お前、絶対に近寄るな!うつすなよ!」ってオーラを感じます^^;

  • 一般的に咳が出る原因は「炎症」と言われています。

一般的、、、?

そうなんです。実は他にもたくさん咳が出る原因があります。

実はあり過ぎてコレだ!という咳が出る原因は完全に解明されていません。

たとえば、呼吸器系の病気になると、ほぼ咳が出ます。

つまり、咳が出たら=(イコール)風邪と安易に決め込んだり、思い込むのは良くないのです。

咳が出る可能性のある病気

 

  • 喘息
  • 百日咳
  • 肺炎

これら以外にも咳が出る病気はありますが、代表的なのが3つの病気です。

もし咳がずっと続くようでしたら、早めに病院で診てもらうに越したことはありませんよ。

 

風邪の咳はどんな咳?

咳が出る原因は?

風邪の咳は喉の炎症から出ます。

特に風邪の治りかけに咳が良くでると言われますよね。

これは、ウイルス等を排出している働きがあるからです。

実は、病院で咳止めのお薬をもらうより、ウイルスを咳で排出する方が治りが早いそうです。

  • 咳を出すのを我慢する方も多いですが、咳は抑えるより出しきった方が良いです。

ゴホン!ゴホン!

「風邪を人にうつしたら治った!」って良く聞きますが、咳でウイルスを排出しているからなんですね。

咳を出しすぎて肺や喉を痛めるようでしたら、風邪が治るのに時間がかかりますが、病院でお薬を処方してもらってくださいね。

 

咳が朝と夜に出る理由は?

咳は朝と夜に出ることが多いですよね。

体温が下がったり、喉が乾燥すると咳は出やすくなります。それが朝と夜なんです。

喉が炎症を起こしていると、朝と夜はもちろんですが、ウイルス等に敏感になって咳が沢山出ます。

 

咳が出ないようにする予防策!

予防としては、洗濯物を部屋干しにすると良いですよ。乾燥を抑えることが出来ます。

ただ、洗濯物で部屋の中は臭くなります。

また、体温の低下を防ぐために、寝る時は布団の中を湯たんぽなどで身体を温めると、咳は出にくくなります。

管理人は、喉が弱いので、マスクをして寝ることが多いです。

マスクをして寝ることも、喉の乾燥を防いでくれます。また、ウイルスの侵入も防いでくれますので一石二鳥です。少しなれるまで自分の息の臭さと、熱さが気になります。すぐなれるのでやってみてください^^


スポンサードリンク

 

痰の色で症状はわかるの?

咳を1回して、カッー、ペッって痰を出す人いますよね。

あの音、凄い気になります。どうでも良いことですが、部屋の中だったら、カッーで止まります。

ペッはどこいった?もしや飲み込んだか^^;

咳と言ったら、だいたい痰もセットですね。

  • 痰は、鼻詰まりから緩んだ洟(はな)が、器官の粘膜と固まって出来ます。

この中身は、ウイルスやホコリ、細菌などなのです。

そして、痰も出した方が良いのです。

先ほどのカッーの人のように飲んでしまうと、胃にウイルスを入れてしまう事になるので、止めた方が良いようですね。

さて、痰の色や状態で、風邪が治りかけが解るのでしょうか?

 

痰の色別 病気の症状の見分け方!

良く痰の色で風邪が治りかけか見分けることが出来ると言われますね。

黄色だったら、風邪の真っ只中で、緑色だったら風邪の治りかけと管理人も聞いたことがあります。

本当なんでしょうか?

それでは、痰の色で多い、黄色と緑色の状態を見てみましょう。

 

黄色

黄色の痰が出るのは、身体が細菌感染している状態です。

侵入した細菌に対して、白血球が戦った結果の残骸がこの黄色です。

状態はドロっとした感じですね。

痰が出る!

身体って凄いよね。

自然治癒の力で、あなたの身体を守るために戦ってくれているのですから。

黄色の痰が出たら、「身体くんありがとう」って感謝の気持ちが湧きそうです。これから、痰は感謝の気持ちをこめて吐き出しましょう^^

 

緑色

身体が落ち着いてきて、風邪が治りかけで緑の痰が出ると言われることがありますね。

色では風邪が治りかけと回復状態の判断にはならないようです。

病気の種類によって痰の色は変わるようです。

緑色も細菌感染ですが、「慢性気管支炎」「インフルエンザ菌」「緑膿菌」の可能性が有るようです。

また、「細菌性肺炎」「肺結核」もあります。

ずっと緑色の痰が出る場合は、早めに病院で診てもらうのが良いでしょう。

 

痰の対応法!

痰が絡む原因として、喉の乾燥や水分不足が考えられます。

温かい飲み物を飲むことで、痰を柔らかくしてくれる効果があります。すると、痰も出やすくなります。

また、痰が絡むと喉のダメージが大きくなります。痰が出るときは水分はいつもより多い目に摂るうようにしてくださいね。

 

管理人(ザッ君)より

いやし

痰の色や状態で、風邪の状態が大方分ります。

でも、違う病気も考えられるので、自己判断には気をつけてください。

ちょっとでも「違うなぁ~」と感じたら、早めに病院に行きましょう。

早く風邪を治して、元気な身体に戻ってくださいね!


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ