二の腕のたるみはダンベル体操!筋肉つけずにぷるぷる原因を解消

なるほど!

 

こんにちは。ブログ「面白い雑学」へようこそ! あなたに『そうだったんだぁ。なるほど!』と思って頂ける情報を目指して今年もがんばっていきます。 それでは、どうぞm(_ _)m

 

 

注目の記事 PICK UP!

 

  1. いちご鼻の改善ブログまとめ8選!おすすめ市販の洗顔料などなど
  2. 風呂の鏡に水垢が!落とし方は酢が1番!歯磨き粉や重曹は?
  3. ぎっくり腰の早い治し方!温めると冷やすで2倍痛みが違うぞ

 

スポンサードリンク

 

冬の寒い時期は、運動不足になりがちですよね。しかも、重ね着をするので、肌の露出は減ります。

でもお風呂に入って鏡を見ると「二の腕のたるみ」が気になると言う方も多いのではないでしょうか?

少し油断すると二の腕は筋肉が細くなって、脂肪がつきやすい場所です。

腕を振ったらタルタル揺れたり、ぷるぷるしてるなら、夏から引き締めようと思っても手遅れになりますよ。

今回は二の腕の痩せる方法として即効に効果があると言われる「二の腕のダンベル体操」を調査してみました。

更新:2017-02-26

特に女性の方は二の腕をスッキリさせて、綺麗なプロポーションに憧れると思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね^^

 

ダンベル体操でムキムキにならない?

二の腕は、「上腕二頭筋」と「上腕三頭筋」に分かれています。

上腕二頭筋は、力こぶが作れる内側の筋肉なので、こちらは鍛える必要はなしです!

二の腕を痩せさせるには、「上腕三頭筋」の外側のタプタプした脂肪の筋肉を鍛えて引き締めると即効で痩せれます。

また、肩の「三角筋」と言う筋肉が足らないと、バランスが悪くなり、太って見えてしまいますよ。

ここも一緒に鍛えましょう。

肩からのラインが綺麗になるので、バランスの良いスタイルになるのです。

ダンベルも重ければ良いって事は無いので、ご紹介するダンベル体操に合わせた設定でやりましょう。

だとしたら即効で効果のある重さは何㎏なんだろう?

その辺りも注目してみてくださいね。

 

上腕二頭筋の3つの鍛え方

 

★ダンベルの重さ・・・1kg~1.5kg
★セット数・・・無理の無い回数、10~20回づつを目安に3セット
★ポイント・・・息を止めないで、呼吸しながらする

 

①「巻き上げ」のやり方

二の腕 ダンベル体操

  1. 真っ直ぐ立って、片手づつダンベルを持つ
  2. 右手は肩まで持ち上げた状態
  3. 左手は足の横に下ろした状態
  4. 右手を下げて、左手を持ち上げます
  5. これを交互にやってください

始めは5回づつでも大丈夫です。

だんだん回数を増やしてくださいね。

 

②「伸ばし」のやり方

  1. 真っ直ぐ立って、頭の後ろに片手でダンベルを持ちます
  2. その手をそのまま真っ直ぐ上に伸ばしてください
  3. その手を下ろして、逆の手を上げます
  4. これを交互にやってください

伸ばすときに、勢いをつけないように、ゆっくりやってください。

始め、ダンベルが重い様でしたら、少し軽い物に変えてだんだん重くする様にしてくださいね。


スポンサードリンク

 

③「振り上げ」のやり方

  1. 片膝片腕を椅子の上に置いて、前傾姿勢になる
  2. 椅子に置いていない手でダンベルを持つ
  3. 肘を曲げた状態で背中の少し上まで持ち上げる
  4. そのままゆっくり腕を後ろに伸ばす
  5. この状態で2~3秒キープ
  6. ゆっくり下ろす
  7. 逆の手も同じ様にする
  8. これを交互にする

持ち上げる時に、腕の反動を使って振り上げないようにしてください。

ゆっくりと持ち上げて、ゆっくりとおろしてください。

 

 

二の腕(上腕三頭筋)の引締め方

二の腕がタルタルしていたり、太いといくら体がスリムでも全体のバランスが悪く見えてしまいます。

力こぶが出来る上腕二頭筋はかばんをもったりと、日頃の動作で筋肉を使いますが、上腕三頭筋はあまり使うことのない筋肉になります。

そのため、筋肉が衰えたり皮下脂肪がつきやすいのです。

逆にしっかり二の腕(上腕三頭筋)を引き締める運動をすることで、スッキリとした細い引き締まった二の腕にすることが出来ます。

二の腕の引き締め運動はこちらの動画がわかりやすいので、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

 

二の腕(上腕三頭筋)の鍛え方

 

★ダンベルの重さ・・・0.5kg~1kg
★セット数・・・無理の無い回数、10~20回づつを目安に1セット
★ポイント・・・息を止めないで、呼吸しながらする

 

  1. 真っ直ぐ立って、片手づつダンベルを持って下におろす
  2. 両腕を肩の高さまで、大の字になる様に上げる(親指は正面)
  3. そのまま、手の甲が下になる様にねじりながら、両腕を身体の前に移動させる(小指同士が合う)
  4. また、大の字になる様に戻し、下におろす

持ち上げるときに、肩よりも上にならない様にしましょう。

動作は、ゆっくりとすることがポイントですよ。

 

管理人(ザッ君)より

いやし

全体的に無理の無いセット数や、ダンベルの重さでやりましょう。

また、有酸素運動が大事なので、息を止めない様にゆっくり呼吸しながらやりましょう。

毎日続ける事によって、即効効果が出ます。

そして、引き締まった二の腕を手に入れてくださいね!


スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ